ページの先頭へ

レター内容

2016年11月15日(火) | お知らせ

パコムからのメッセージ【10月】

2016年10月
 
パコムからのメッセージ【10月】
 
今年は本当に台風の多い秋でした。皆様のところに被害はなかったでしょうか?
先月、このパコムメッセージで両親と私の誕生日のことを書きましたが、書いた本人がそれを すっかり忘れていたのに、誕生日当日にスタッフの人からお祝いを言ってもらいました。
「え、なんで知っているの?」って。
もう誕生日なんて嬉しくない、できれば忘れたい年齢ですが、その日を覚えてくれていている人がいることが、とても嬉しい出来事でした。
先月、東京出張で、クライアントの元人事担当者のAさんにお目にかかりました。
すでに会社組織での定年を迎えられて、ご自身で起業されていました。今はフリーでファッション業界の人事をサポートされているようです。長年、人事部で社員や派遣スタッフの採用に関与されてこられましたから、懐かしく楽しいお話は尽きませんでした。
その際に、今はパコムで活躍してくれているKさんが、かつてAさんと仕事をしていたことがわかって、彼女のことでとても話が盛り上がってしまいました。Aさんいわく「彼女はいつも周りを見て気配りして、さりげなく声をおかけする、そんな人でしたよ。だからお客様からも頼られるのです」と。そのお人柄は社員の時も派遣スタッフである今もまったく変わりなく、周囲から厚い信頼を寄せられています。
人は生まれ持った性格や置かれた環境で作られたもの、付き合う人などいろいろとブレンドされて今の自分が出来上がっていると思います。年齢を重ねたら、どんどん素晴らしい人になれたらいいのですが、そうではないのが残念なところ。老舗のレストランのソースは長年熟成されて味わい深くなりますが、年配であっても尊敬に値しない人もいらっしゃる。
仕事柄、就労支援事業などで自分の良いところを見つけるワークショップをやりますが、意外と自分の良いところを把握できていない方も多いように思えます。
そういう自分もわかっていないかも…。
短所を改める、ってなかなかできないものですが、それに比べて良いところを伸ばすことのほうがはるかに簡単です。
機会があれば、改めて「自己PR」考えてみましょうか?
誕生日当日の晩に携帯電話のメール着信音が響きました。Kさんからのお祝いメッセージでした。
いつも「時間がない」を言い訳に、あらゆることを後回しにしている自分への警告の音のように感じた秋の夜でした。
さぁ、読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋、美容の秋、自己啓発の秋、楽しんでください